メインイメージ

効果絶大なプロポリス原液

プロポリスという名前は、以前から知っていました。
健康に良いというのも知っていました。

その知るきっかけになったのが、知り合いがガンになり、民間療法の一環としてお茶に入れて飲んでいたからでした。
なので、重病の人の物というイメージと、その時の独特のにおいが忘れられず、自分で買ったり、使おうという気持ちにはなりませんでした。
ところが、数年経った最近、私のそんな気持ちを全く知らない友人が試しに使ってみないか、と一瓶分けてくれたのです。
ブラジル産のプロポリスで、高価なものだと思います。

また、プロポリスに含まれる成分はとても良いということも知りました。
友人の親切に感謝していただきました。
まだ開封していないにもかかわらず、あの独特のにおいが感じられます。
どうやって使ったらいいんだろうと考えていたら、カプセルに入れて飲むのもいいよとアドバイスをもらいました。
粉薬や、液体の薬を飲みやすくするための、中に何も入っていないカプセルです。
これなら、口いっぱいに嫌な味や、においが広がることなく飲めます。

ただ、今度は貴重なのがわかってるだけに、もったいなくて使えないんです。
私は、時々海外に行くので、現地では体調を急に壊したり、そんな時に使える薬が現地では調達できないことがあります。
なので、プロポリスを持参してみました。
私は、環境の変化での影響が、喉に来ます。

まずは、うがいなどしてみたんですが、痛みがひどくなってきたので、これはプロポリスの出番ではないかと思って、まずはカプセルに入れて飲みました。
確かに、においや味はそれほど気にならず飲めました。
免疫力を高める働きがあるようなので、風邪をこじらせることは避けられたみたいなんですが、喉の痛みに直接効いたようには思えませんでした。
それで、意を決して直接原液を喉に垂らすことにしました。
鏡を見ながら、おおよその見当をつけて、ポタポタと数滴。
すでに、炎症を起こし痛い喉に垂らしたので、その刺激は想像以上でした。
熱く染み込むような刺激と、避けようのない独特のにおいが鼻に上ってきます。

せっかく効くように直接垂らしたんですから、すぐに何か口に入れたい衝動を抑え我慢していると、意外と耐えられることに気づきました。
そして、何といってもその効果がすごかったんです。
1回垂らしただけで、すぐにではありませんが、その晩には痛みがなくなってました。
それからは、喉が不調な時は直接垂らしています。
一番効果があるからです。
エッセンシャルオイルとか、自然の物で治癒力を高めることができるなら、それを使いたいと思っていたので、プロポリスもその点でよかったです。
そんなプロポリスに副作用はあるのかとても気になりますね。

トップに戻る