メインイメージ

プロポリスにはがん抑制効果があります

プロポリスはミツバチが巣を作る際に使用される粘着性の分泌物のことです。
この分泌物には強い抗酸化作用があり、さまざまな効能があります。

口臭や口内炎、歯周病や花粉症、胃潰瘍や、インフルエンザなどに効果があります。
中でも注目したいのが、抗がん作用を持っているということです。
将来はがんの治療薬として開発されれば、手術や放射線治療をせずにがんを克服することも夢ではありません。

プロポリスはがんになる前に予防策として活用すれば発がん予防にもなります。
プロポリス自体にも、がん細胞増殖抑制効果や、がん細胞を細胞死させる力があると言われています。
現在がん治療中の方で、少しでも病気を改善させたいという方にも、プロポリスはおすすめのサプリメントです。

プロポリスには、がんを抑制するための様々な成分が含まれています。
カフェイン酸フェネチル・エステルという成分には、がん細胞の増殖を抑制する効果があり、発がん予防効果、がん細胞の細胞死効果があります。
またこの細胞の良い所は健康な細胞には攻撃を加えず、がん細胞だけを攻撃してくれるという点です。
他にもアルテピリンCという成分が含まれています。

この成分もがん細胞が増えるのを抑えてくれ尚且つ、がん細胞のみを攻撃してくれる頼もしい存在です。
クリシンという成分は、がん細胞が細胞の遺伝子を複製する前に細胞死させてくれます。
プロポリスには現在解っているだけでもこうしたがんを攻撃してくれる成分が含まれているので、がんの治療やがんの再発、がんの予防に大きく役立ちます。

トップに戻る