メインイメージ

のどの痛みにはプロポリス

のどが痛いと辛いですよね。
声が出ませんし、食事も制限されます。
そんなのどの痛みには、プロポリスが有効です。

ミツバチが巣を作る際には、植物の樹液や唾液の混合物を巣に塗ります。
この混合物は強い殺菌効果があり、外敵を寄せ付けません。
人間にも有効で、風邪やインフルエンザのウイルスに対抗する力を持っています。
これが、プロポリスになります。

プロポリスが配合されたクリームは、口内炎や傷に効き、炎症を抑えます。
プロポリス入りの液体は、薄めて使うとうがい薬になります。
そうすると、口内炎やのどの風邪、インフルエンザを予防出来ます。
のど飴としても売られています。
のどが痛い時にはもちろん、風邪がのどから来るというタイプの人にも予防になります。
原液でも売られています。
原液ものどの痛みに有効です。
スポイトなどで少量を取り、そのままのどに落とします。

プロポリスに含まれるフラボノイドが、殺菌や抗菌、麻酔や細胞の再生を行い、毒素を取り除いて抵抗力をつけてくれます。
ただ、プロポリスには苦みがあります。
あめなどの取り入れやすいものでも、においや味はけっこう独特です。
この点で挫折してしまう人も少なくありません。
どうしても摂取しにくいと思ったら、原液を牛乳やフルーツジュースに混ぜて飲むと良いでしょう。

少量のハチミツに混ぜるという手もあります。
自分に合った摂取方法で、のどが痛い時に試してみてください。

トップに戻る