メインイメージ

アンチエイジングにはプロポリス

人間は20歳を超えると老いていくと言われています。
成長期は過ぎるため、身体は出来上がります。
身長も止まり、体力はピークに達します。

それから30代、40代を迎えると、免疫力が落ちたり抵抗力が無くなったりします。
風邪に罹りやすくなったり体力も衰えてきます。
血管や骨も脆くなっていきます。

これは、酵素が減って身体が錆びてきたリ、新陳代謝が悪くなったりすることが原因です。
こういったことで、“老い”を感じるようになったら、プロポリスを摂取してみてはいかがでしょうか。
プロポリスは細胞のエネルギーを高めたり、酵素を作ったりします。

代謝も良くなるため、細胞が活性化します。
細胞が活性化すると、肌つやが良くなったり体力が回復したりします。
これは、まさにアンチエイジングです。
気づいたら、同級生よりも見た目が若くなっていた、以前と全く雰囲気が変わってきた、などということもあります。

免疫力が低下すると、免疫細胞に働きかける胸腺というと肋骨の後ろにある器官も退縮します。
免疫細胞のひとつであるTリンパ球は、胸腺でホルモンの影響を受けて成長します。
しかし、胸腺が機能しなくなると細胞は一気に老化します。
プロポリスは、この胸腺にも働きかけます。
これには強い若返りの効果があります。

プロポリスは細胞という根本に効く成分なので、本気でアンチエイジングを考えているならば、摂取してみると良いでしょう。

トップに戻る