メインイメージ

抗がん作用とプロポリス

プロポリスは抗がん作用があることを耳にされた方も少なくないことと思います。
プロポリスはミツ蜂が自分たちの巣を守るために樹液や木の芽などを収集します。

それら植物に自らの粘着性のある物質を混ぜ合わせ巣の外壁や入り口付近に塗り害虫や外敵などから身を守ります。
その粘着性のある物質が「プロポリス」と呼ばれ人間の体内に取り込むことにより優れた効果をもたらしてくれます。
とくにがん疾患に対し有用な効果があることでも注目されています。

プロポリスは西洋医学の対策方法として定評があります。
がんの抑制効果があるといわれています。
プロポリスの成分には「カフェイン酸フェネチル・エステル」が含有されています。

この成分はプロポリス抗ガン作用を促す成分の代表とも言え、正常に機能している細胞は攻撃せずにがん細胞に対してのみ攻撃をする優れた機能を有しています。
次に「アルテピリンC」です。
がん細胞は増殖します。
増殖することで身体中を侵し始めるのです。

そんながん細胞の増殖を抑える効果があるといわれています。
そして「クリシン」前述でも解説した通りがん細胞は増殖する際にDNAを複製し増殖を繰り返していく性質があります。
そのDNAを複製する前に増殖を抑制します。
などが挙げられます。

プロポリスにはがんに効果的な成分が豊富に含有されています。
また医療機関ではQOL=生活の質の低下を防ぐために用いられるケースも少なくありません。
がん予防や治療、がん細胞の縮小などを目的に服用される場合は通常健康な人が予防目的や健康目的で飲む量よりも多く摂取する必要があるといわれています。

トップに戻る